COME ON!!

c-kunの記念すべき1st Album!!2002.4.30全国発売!!

■□■□ c-kunによる曲解説 ■□■□

♪COME ON!!
この曲が出来上がるまでに、2曲のROCKナンバーがあったんだけども、歌詞が難しいんだよね、ROCKな曲って。結局このCOME ON!!だけが当時レパートリーとして残ったROCKナンバー。アレン
ジは作曲家の谷口哲也さん。間奏のエレキギターが、弾き語りを始める以前のc-kunを象徴している!!
♪COLOR
2001.6.8 大阪教育大学付属池田小学校で宅間守が起こした連続小学生殺傷事件。その夜から書き始めた曲。なぜこんな事件が起こってしまったのか?いったいどうすればこんな事件がなくなるのだろうか?答えまでは行き着けなかったその当時の俺。ちなみにアレンジはc-kun。ドロップDチューニングのギターが奏でるダークなROCKナンバー。
♪NEGATIVE
2000年12月末。世紀末のこの時、泥酔したときに思いっきりNEGATIVEなモードに入り、書きじゃくった歌詞。とことんNAGATIVEな気持ちを前世紀に置いて来ようと懸命に書いた曲。アレンジはBANANAの藤田信彦。尊敬するアレンジャーです。ROCKでクラシカルでドラマティックな作品。
♪卒業式
2001年春。その頃ある女子高生とメル友になる。ちょうど卒業を迎える彼女のダイレクトな気持ちに触れ、そんな心をイメージして書いた曲。アレンジはc-kun。フィンガーピッキングが素敵な可愛くて、胸がチクッと来る、c-kunの春の定番レパートリー。

ここから7曲は2001年12月10日、名古屋大須のLIVE HOUSE "ell fits all"にて行われた、
年間200本目ライブの模様を完全収録!!荒々しい勢いがそのままの初期のc-kunを聴いてほしい。

♪For You
幻の3曲入り無料CDにも収録されていたc-kunのお気に入りPOPソング。実は20歳年下の奥さんをもらう友達へ贈った曲。
♪街〜人々〜
これも幻の3曲入り無料CDに収録されていた曲。「私達の世代が喜ぶようなフォークソングを」と40代の方に頼まれて頑張ってみた曲。歌詞は路上ライブの途中に書いた。
♪Pain
「失恋したときに、とことん泣けるような、どっぷり失恋して悲しい曲を」と言う声に応えて作った。共に過ごしていた家から相手が出て行ってしまったシチュエーション。辛いです。
♪愛 愛
恋に落ちたばかりのあのウキウキ感ワクワク感。とても良く表現できた曲。あの「よっちゃん」こと野村義男が感動したギターワークも聴き所。
♪キラ☆キラ
実は愛 愛を書いてすぐに書いた曲。とことん前向きに生きて欲しい、c-kunからの応援歌。この曲と一緒に「キラキラ星」のメロディーを歌えば、”明日から、ほら、何でも出来るはずさ”
♪エナジー
人間の永遠のテーマ「エロス」。c-kunはこの曲で真っ向から勝負する!!
♪Shining star
これは幻の3曲入り無料CDのTOPに収録されていた曲。実はc-kunの活動を始めてから2曲目に書いた曲。1曲目に書いた曲はもう演奏していないので、この曲が最古のレパートリーなのだ!!元BANDマンc-kunがそのままの勢いで書いた定番過ぎる定番ソング。
♪日和
アルバムのラストを飾るのは、藤田信彦氏の手によって、ノスタルジックでロマンティックなjazzyアレンジのバラード。ギターの先生だった頃、生徒の「水野日和」ちゃんとの会話からこの曲が生まれた。彼女が高校生の頃、同室で寝ていた妹が突然夜中に苦しみだし亡くなった。あたふたして救急車を呼ぶのが遅れたのが原因だと自分を責め、自分だけが幸せになってはいけないと。そして妹に歌を歌ってあげたくてギターを習いだしたと。そんな彼女に天国の妹からのメッセージ。


TOP
mobile TOP